FC2ブログ

メンバーを楽器に例えると・後編。

2013年07月31日 01:20


引き続きメンバーを楽器に例えてみた。
あくまでも羽広主観で。※愛情を込めて。

○吉川亜州香・・ロバの毛の弓と弦が一本足りないチェロ
チェロはしっかりと大きな響く音でメロディを奏でる。
弓は馬の毛を使っていて、弦は4本。
亜州香チェロは弓がロバなので、普通のよりも短い。さらに弦が一本足りないため、焦って弾くと時々不思議な音(言葉)を出す。ちょっと何か足りないような・・。でも弓が短くても、弦が足りなくてもしっかりと弾けばいつも音質は安定していて耳に心地好く響く。

○廣田朱美・・鈴が胴体の中に入ってるヴァイオリン
ピアノより古くからある楽器。チェロよりははるかに小さいが、弓はチェロのより長い。
朱美ヴァイオリンは胴体の中になぜか鈴が入っている。弾く時はこの鈴が鳴らないように注意と工夫が必要。こちらも焦って弾くのは禁物。でも、この鈴をうまく調和させて鳴らしながら大胆に弾くと他のヴァイオリンには出せない魅惑的な音を奏でる。これがこのヴァイオリンの本当の音か・・。

○菅原泉・・6弦あるビィオラ
ヴァイオリンより一回り大きく、その分柔らかでしっかりとした音を奏でる。
弦は4本。※ヴァイオリンやチェロと同じ。
泉ビィオラは弦が2本多い。それはヴァイオリンの弦とチェロの弦。だからかなり幅広い音が出せる。他のどの楽器よりも回りの音を感じ、調和を計り自分の音を奏でる。だが、時々音が他と混ざりすぎてどんな音かわからなくなる時がある。
6弦をうまく弾きこなすテクニックを奏者に求める。

○竹内美保・・ヴァイオリンより小さいコントラバス
もっとも低い音が出せる弦楽器。大きさもかなりあり、ジャズでもよく使われる。
美保コントラバスはなぜかヴァイオリンよりも小さい。だから逆に音が高かったりする。でもコントラバスなので他のどの楽器よりも響く音が出る。さらに弓も短いため、出せる音の幅がかなり狭い。この楽器をうまく奏でるためにはかなり練習が必要だ。ただ、うまく弾ければとても柔らかな優しい音も出せる。

○山本諭・・二枚のサイズが違うシンバル
体鳴楽器で、そのものを打つことで本体が振動して音を出す打楽器。
諭シンバルは左右の大きさが違う。これによってこの楽器のクセのある音を出せるのだが、左右が違うのでうまく振動しないとよくわからない音(言葉)になってしまう。また時々左右が絶妙に振動しておもしろ変な音(不思議な動き)で鳴り響くことがある。たぶん、左右とも完全な円形ではないのではないか。

○きくまる・・11個の穴で2オクターブのハーモニカ
10個の穴で吹くことと吸うことで3オクターブ出せる楽器。
きくまるハーモニカは穴が1個多いが、出せる音は1オクターブ少ない。
もしこの1個多い穴をうまく吹いて、吸って音が出せれば・・3オクターブ以上の音が出せるかもしれない。器用な楽器ゆえにダイナミックな演奏が必要か。
まだまだ開発途中の楽器である。

○小林こずえ・・自動演奏装置が勝手に動きだすピアノ
オーケストラの全楽器の全音域よりも幅のひろい音域が出せる楽器。
こずえピアノは自動演奏装置がついていて、奏者より勝手に早く弾き始めることがある。その速弾きのスピードには回りの演奏もついていけないことがある。
この勝手に作動する自動演奏装置をうまく使いこなせるかどうかがカギ。使いこなせれば気楽にいつでも安定した確実な演奏を楽しめることが出来る。


○羽広克成・・とても短い指揮棒。
よく見ないと振ってることがわからないくらい短い指揮棒。
ときどきかなり激しく振ってるのだけど、短いから激しく振れば振るだけ見えなくなる時がある。
だからみんなはある程度、その指揮棒がどう振られてるか想像して演奏しなければならない。やっかいな指揮棒である。

その指揮棒は想像力によってのみ、指揮者と奏者を繋げることが出来る。


どこか不器用で不思議な楽器達とやっかいな指揮棒。
その個性的な互いの想像力が絡み合えば不思議な世界を奏でることが出来る・・。


--
スポンサーサイト





最新記事