fc2ブログ

再起動 

2022年04月16日 16:12


ずいぶん久しぶりの投稿になる。
昨年の12月頭の「新人公演・特別公演」の時に投稿した以来だと思う。
もっと早くに投稿しようと思っていたのだけどなかなか心が治まらずズルズルと4月に入ってしまった。
自分にとって受け入れづらい現実をどうにか整理しようと踠いて時間だけが過ぎていった感じだ。いや踠いたと言っても何を努力するわけでもなく、ただ本当に心をどこかに持っていかれたままダラダラと時間だけが通過するのを見守っていたに過ぎない。

昨年、11月29日に高橋利行君が亡くなった。
「新人公演・特別公演」の仕込みの日だった。死因は脳出血。
高橋利行君は僕にとって友であり、仕事仲間であり、同じ夢を持つ同士でもあり25年ずっと一緒に時を共にしてきた僕の半身ともいえる存在だ。その歴史は今の劇団、ショーGEKIよりも長い。
ショーGEKIにおいては1999年の旗揚げ公演の「チャンピオン」から関わり、以後ずっと劇団の全ての作品の映像製作、舞台撮影と編集を任せてきた。
高橋君は映像監督として本当に才能のある人物だった。特に彼の映像編集能力はすばらしく、私を含め彼と共に仕事をした人は皆、彼の仕事を称賛していた。

僕と高橋君との出会いは25年前にさかのぼる。
それはテレビ朝日の「はぐれ刑事純情派」の正月特番の編集だった。当時まだ30代半ばの僕は人生最多忙時期で、完全に崩壊していたスケジュールをこなしていた。いや実際には全然こなしきれてはなかった。
前の劇団の舞台(脚本・演出)に、テレビ番組(構成・演出)が常に数本、さらにサンリオピューロランドの舞台(企画・脚本・演出)と学校の講師・・。そんな中で高橋君と出会った。
僕は20代からテレビやCMなどの映像の演出もやってきたけれど、ずっと編集作業だけは苦だった。企画したり撮影したりはすごく楽しく精力的に取り組んでいたんだけど、編集作業になるといつも苦しんしまっていた。そんな時、当時その「はぐれ刑事純情派」の特別番組を製作していた東映のアシストプロデューサーが僕に一人の若者を紹介してくれた。それが高橋君だった。
紹介のキッカケは高橋君がその東映のアシストプロデューサーの大学の同期で今ちょうど会社を辞めてフリーになったばかりだから時間があるのでということだった。まさにタイミングだった。
この東映の当時アシストプロデューサーだったのは高野照子さんという方で現在は作家として活躍されている。彼女のおかげで僕は高橋君と出会えたことになる。
最初の高橋君の印象は無口で大人しい若者・・若者、そうまだ高橋君は20代だった。
でもすぐに僕は高橋君の能力に感銘をうけることになる。
撮影と違って編集作業は本当に根気のいる仕事なのだ。撮影した映像を何度も何度も繰り返し見てはつなげて、さらにそこから数コマ(1秒の1/26単位)で切ったり追加したり・・。昔から根気作業が大の苦手だった僕の最も苦手な作業。
しかし寡黙な高橋君は編集スタジオでまさに黙々と根気よく作業を続け、その編集も最初から監督である僕の意図を全て察してさらに彼なりにグレードアップしていく。この最初に出会いの時からすぐに僕はこれからずっと僕の作品の映像編集は全て高橋君にやってもらおうと決めたのだ。
この決断は僕にとって衝撃的なことだった。
当時の僕は劇団を持っていたとはいえ、人との繋がりはわりと刹那的なものだとずっと信じていたからだ。これは小学、中学と転校を繰り返してきた環境のせいだと思っている。

高橋君と出会った時に下したこの決断は僕の人生において正しかったと言いきれる数少ない決断の一つだ。以後昨年まで25年間、僕は高橋君と共にずっと映像を作ってきたのだから。
映像で僕がフリーでここまでやってこられたのは本当に高橋君がいてくれたからだ。
いや映像の仕事だけじゃなく劇団でも映像の全てを高橋君に任せられたから僕は舞台に集中出来たのだ。
高橋君との時間の共有感は本当に深い。劇団だけでもずいぶんだが、彼と撮影で回った海外も本当に多い。アメリカ、ロシア、イギリス、カナダ、ベルギー、イタリア、ギリシャ、UAE,カタール、マダカスカル、南アフリカ、モザンビーク、香港、オーストラリア、モーリシャス、バハマ、キューバ・・まだあったかな。
いつも一緒に海外に行く時は仕事だったから、今度は遊びで台湾に行こうと話をしていたらコロナ禍になってしまい、そのまま約束は果たせず。

高橋君が亡くなったことは完全に消化は出来ない。出来るわけがない。
一緒にやってきた時間はこれからも僕の中に残り続けていく。
だからこれからも高橋君が共にいるという気持ちで、一緒に描いた夢を追いかけたいと思う。
これを言い切れるのに4カ月もかかってしまった。

いろいろ再起動だ。


DSC_0964~2
写真は20年前、高橋君と撮影の合間に何とか時間を作ってロンドンの中華街に繰り出した時のもの。二人ともお米が食べたくてタクシー飛ばして駆け込んだな。
スポンサーサイト



実験シアター終演

2021年12月06日 22:26

ショーGEKI実験シアター 全9ステージ無事に終了。
ご観劇頂いたお客様、応援頂いた皆様、ありがとうございました。

今回は30歳未満の若いキャストを中心に公演を行う企画。

ショーGEKIの若手で行う新人公演。はメンバーの伊藤と若い研修生達がメインキャストで。
1638747371443.jpg

唯一のベテラン役者はメンバーの山本諭。もう諭もベテランかぁ。
1638747381719.jpg

応募で集まった特別公演は30歳未満の8人がメインキャストで出演。
こちらは唯一、ドラミさんがオーバーエイジで参加。
1638747326828.jpg

両公演とも若いエネルギーを全面に打ち出してやり遂げたかな。
おかげ様で9ステージ中8ステージが完売・満員御礼になり、それも彼らの実績としてよい経験になったのかな。


初日開幕!

2021年12月01日 00:34

ショーGEKI実験シアター 新人公演初日。
初日、満員御礼で無事に開幕。

今回は初日イベントではなく全公演カーテンコールで短い撮影タイムがある。

撮影して頂いたお客様の一枚。

今回はオープンスペースで二方向からの観劇になるので撮影も両方向に向けて
1638280812238.jpg

明日1日は特別公演の初日。
こちらもすでに完売の満員御礼予定。
1638281324725_202112010025199a5.jpg

ショーGEKIとは思えない?フレッシュな雰囲気になっている。



劇場で猛特訓中!

2021年11月27日 23:51

実験シアター、連日劇場で猛特訓中。

劇場で実際のセットで稽古を詰める作業が出来ることは本当にメリットだ。
作品も日に日に濃くなっていくのがわかる。
今回はショーGEKIならではの出ずっぱりの舞台。
稽古量がもろに作品の質に繋がる。

新人公演は伊藤と研修生。
やっとチーム感が出てきて熱い作品に勢いが出てきた。


役者がどれだけ真剣にバカをやるのか。
1638023455115.jpg

ゲスト出演の山本先輩も人生かけてバカやります。
1638023427674.jpg

ワークショップで集まった特別公演チーム。
即席の座組なのにとてもチーム感があってまとまっている。
そしてなによりもフレッシュさを感じる。※新人公演と平均年齢はあまり変わらないはずだが。。
1638017650492.jpg

新人公演と特別公演、あるシーンだけは全く同じ構成になっているので見比べて観るのも楽しい。
1638023312643.jpg

女性が多いせいか特別公演は華やかな雰囲気もある。
1638017610772.jpg

嬉しいことに完売日も増えた。
さあ、明後日からは照明入れての最終リハーサルだ!





もう劇場入り

2021年11月23日 23:58

スタジオでの稽古も終わり、明日よりなんと劇場入り。
本番初日6日前に劇場入りするのは初めてかな。
今回は新人公演と特別公演ともに、メインキャスト全員30歳未満の若手役者達なので劇場で稽古が出来ることは本当に価値がある。

ショーGEKIならでは熱いコメディを継承する新人チーム。

衣裳がわかりやすい色で分かれてる。
1637675373134.jpg

ショーGEKIでは珍しい?フレッシュな若いパワーを感じる特別公演。若い女子多めなのも新鮮。
1637676693723.jpg
1637676703991.jpg1637676668276.jpg

いずれも仕上がりは順調。
明日からの劇場での追い込み稽古でどれだけブラッシュアップ出来るか。
新人公演は11月30日火曜日。
特別公演は12月1日水曜日に初日の幕が上がる!

フレッシュ!特別公演

2021年11月13日 22:45

ショーGEKI実験シアター 今日は特別公演の1日稽古。
こちらのチームはワークショップで集まった出演者。メインキャストは全員30歳未満。
メインキャストの平均年齢は新人公演よりも若い。

今回集まった若い出演者はとにかく個性が強く、勢いがある。


稽古始まって2週間、初めましてからのスタートだったのにもうチーム感もある。
1636809902449.jpg

こちらは新人公演よりも女子の割合が多いので稽古場も賑やかだ。
1636809885859.jpg

新人公演、特別公演、作品は同じだけど、登場人物のキャラクター設定が全然違うので。
元子役の女優 ⇔ 元アイドルチームの一員
小劇場の劇団員 ⇔ 大手劇団の元劇団員
バックダンサー ⇔ 元グラビアモデル
就活中の短大卒業生 ⇔ 漫画家
など。
全く違う2作品の稽古をしているようだ。

新人公演 絶賛稽古中!

2021年11月12日 22:30

ショーGEKI実験シアター『新人公演』の稽古に二週目。
今回の作品は以前ダンパチが下北沢演劇祭で上演したコメディ作品が基になっている。
ダンパチ用のストレートプレイのコメディなので、熱さが何よりも重要な表現要素だ。

若い子達がダンパチのオッサン?連中の熱さに挑戦する。



唯一30歳オーバーメンバーから出演する山本パイセンの胸をかりて稽古は進む。
1636705451381.jpg

まだまだ熱さは足りず、今はがむしゃらに場面に集中するのみ。
1636705462332.jpg

これから2週間半、若者は1日で化ける可能性があるからね。
期待を込めて稽古に挑む。

次は実験シアターのもう一つの公演、特別公演の方の稽古状況を報告予定。

ワークショップ6日間 完走

2021年10月30日 22:32

2年ぶりのショーGEKIワークショップ 6日間終了。

今回のワークショップの一番の特色はバレエをしっかりと取り入れたレッスンだったこと。
私が教えている養成所でもずっと気になっていること、
それは若者たちの姿勢の悪さと普通に奇麗に立ったり、歩けないことだ。
舞台は映像と違って、舞台上に出れば主役だろうが脇役だろうがアンサンブルだろうが全員、出てれる間はずっと観客に全身をさらすことになる。だからこそ、自分が今どういう姿勢なのか、どういう動きをしているのかちゃんと理解することが必要だ。


講師はコントも出来るバレエダンサー・鈴木徹(バレエも出来るお笑いアクターとも言う)

バレエといっても踊れることを目的としてるわけではなく、
あくまでも舞台上での「美しい姿勢」と「美しい動き」のためのトレーニングとしてのバレエレッスンだ。
今までワークショップでもバレエを何度か取り入れたけど、今回ほど目的を徹底させ時間を使ったのは初めてだ。
参加者のほとんどがバレエ初心者。
1635516526032.jpg
しかし6日間かけて、バレエを通して自分の体と向き合えたのは確か。
これから彼らのパフォーマンスに行かされることを願う。

1635582712635.jpg

さあ、次はこのメンバー達と秋公演へ向かっての稽古が始まる。

2年ぶりのワークショップ開催中

2021年10月27日 23:54

先週から今週末にかけてワークショップ開催中
ショーGEKIワークショップは2年ぶりだ。
今回は感染対策もあり、参加者15名限定で行っている。

今回のワークショップの特徴はバレエをしっかりやること。
といっても踊りを目的としたバレエレッスンではなく、舞台上での姿勢、動きを美しくするためにバレエを取り入れたレッスンだ。


舞台では常に全身を見られているからね。その場にいる人全員の。

講師は自称ミッキー先生?こと鈴木とーる。
1635341229697.jpg
今日は靴下までディズニー。

私の芝居のワークショップは「伝える」「受け取る」ということに重点を置いたレッスン。
演技における創造性とコミュニケーションが大切になるレッスンだ。
1635256678865.jpg

今回はバレエも芝居も一つ一つ丁寧に進めるということを進行のテーマにおいて進める。
1635253581709.jpg
1635256705771.jpg
これは今のところ、うまくいってるようだ。


これで全員、マスクをとってやれればさらに楽しいんだけどなぁ。



季節を感じたい

2021年10月15日 23:11

去年から今年かけて東京を離れず、遊びで外出もほとんどしない生活をしてる。
そのせいか季節を感じることが食事に偏っている気がする。

サンマを焼く。
何匹も焼くなら七輪で炭に火をおこして庭で焼きたいのだけど、
まあ一人分だからね。スダチではなくカボスで。
DSC_0339~3
一人分でもサンマは2匹。
そこは体が無駄に大きいので仕方ない。
仕方ない??

今年は生サンマは少し安くなったのかな??
実はサンマは一年に1度か2度しか買わないのであまり相場がわかっていない。
※良く買うのは鯵、鯖、鰯、鯛、鰤

冬景色になる前に車で富士山でも見に行こうかな。
一人だと見るだけになると思うけど。




最新記事